• このエントリーをはてなブックマークに追加

左官の仕事

左官

左官とは建物の壁や床、土塀などを、こてを使用して塗り上げる職人のことです。従来からある日本家屋の壁は竹などを格子状に編んだ小舞下地(こまいしたじ)の両面に、藁を混ぜた土を塗り重ねる土壁、消石灰・麻等の繊維・糊で作られた漆喰が塗られていました。かつてはこれらの仕上げに必要な職人でした。

明治時代に洋風建築が取り入れられるようになると、レンガやコンクリートにモルタルを塗って仕上げることから左官職人の需要は一層高くなりました。昭和30〜40年代には当時の住宅の壁はまだ塗り壁が多かったことや浴室にタイルを貼る傾向が多かったこともあり、左官職人は必要とされてきました。

しかし、その後左官職人に転機がやってきます。住宅様式の変化や建設工期の短縮化が求められ、合理性が追求され始めた結果、左官が使う土・漆喰・モルタルは、一般的に乾燥・硬化に時間が掛かることから敬遠されはじめました。

代わりに登場したのが壁の仕上げに使われるクロスや塗装、壁の構造に使用されるサイディングパネルや石膏ボード等の建材です。これらの建材の使用が増えたことにより、塗り壁の需要は急速に減っていきました。これにより、左官職人の仕事も減り、職人の数も次第に減少していきました。

しかし、近年は健康志向の高まり、塗り壁の風合いの良さが見直され、漆喰・珪藻土・土等の自然素材を使用した壁のニーズが高まり、左官職人の需要も増えてきています。