• このエントリーをはてなブックマークに追加

鳶職の仕事

鳶職

鳶職とは建設現場で足場を組み、鉄骨を組み立てるなどの作業を行う人達のことを指します。特に高い所で作業をすることが多いので建築現場の職人の間では、高所を華麗に動き回る事から「現場の華」とも言われることもあります。

名前の由来は棟上の時、梁から梁へ飛んだ姿が鳶のようだったので、鳶職と呼ばれるようになりました。作業服は、ニッカーボッカーズ型の裾が広がった作業ズボンなど独特の作業服を着用することが多いです。作業の種類や職業などによって「足場鳶」「重量鳶」「鉄骨鳶」などに分けられることもあります。

足場鳶

建築現場で必要となる足場を設置する職人のこと。建築現場の仮設足場のレンタル・据付・解体を一体となって請け負っている場合がほとんどです。

鉄骨鳶

鉄骨構造の建築物の柱や梁になる鋼材をクレーンなどで吊り上げて組み立てる職人のことを鉄骨鳶と呼びます。

重量鳶

土木では橋梁の現場で主桁架設を行います。また、建物内部の重量物(大型機械など)の据付(設置)を行うのも重量鳶の仕事です。プラントや空調給排水設備、電気設備工事の一部を重量鳶が行うこともあり、足場鳶や鉄骨鳶と比較すると専門性が高い職種であると言えます。

鳶職の資格

鳶職になるには資格は必要ありませんが、に「とび技能士」の一級技能士、二級技能士、三級技能士の技能検定試験があります。試験は3種類の重量物の目測の作業を行うなどの作業試験が行われます。