• このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターとはお客さんがどんな暮らしがしたいのか、どんな住まいに住みたいのかをヒアリングをし、その抽象的なイメージを具体的にし、実際に住空間に仕上げていくことが仕事になります。インテリアに関する幅広い知識と深い知識が必要なことはもちろんのこと、住宅の建築知識や様々なインテリア用品についての知識を駆使して、照明やカーテンなどのインテリアをトータルで提案することが仕事です。

インテリアコーディネーターの活躍の場所

カーテン・壁素材・照明・家具・設備機器・インテリア小物等のインテリア商品を扱う各メーカーやショールームに勤務し仕事を行っている人もいますし、住宅メーカー、工務店、設計事務所、設備や建材などの内装施工業社などに所属し、インテリアコーディネーターの仕事をしている人もいます。

仕事の対象

インテリアコーディネートと言うと、マンションや一戸建ての個人宅を思い浮かべる人も多いかと思いますが、インテリアコーディネーターの仕事の対象は個人宅だけに留まりません。レストランや様々なショップなど店舗なども仕事の対象となります。
レストランなどは店のコンセプトに合わせながら、お客様の居心地のよい空間に仕上げることが求められ、インテリアコーディネーターにとってはまたとない腕の見せ所です。時にはインテリアだけでなく、そのお店のロゴなどもトータルにプロデュースする場合もあります。