• このエントリーをはてなブックマークに追加

CADオペレーター

CADオペレーターの仕事

建築業界においてCADオペレーターの仕事はCADソフトを使って設計者の描いた図面をもとにして、CADを操作して正確な図面をPCで描くことになります。よく勘違いする人が多いのですが、CADは設計ソフトではありません。わかりやすく言うと作図ソフトになります。
「自分で設計するのではないし、PCで図面を作成するだけであれば、建築に関する知識は不要じゃないの?」と思われる人もいるかもしれませんが、たとえCADのオペレーターでも設計の知識や建築知識が必要となってきます。

CADオペレーターの需要

CADオペレーターはまだまだ不足しているようです。特により専門的な知識が求められる3D-CADのオペレーターが不足傾向にあるとのこと。もし、CADオペレーターを目指すのであれば、より専門性の高い3D-CADのオペレーターを目指すのもよいでしょう。

建築系CADの資格

各団体認定の建築CAD検定、建築CADデザイナー、CAD利用技術者などの資格があります。CADオペレーターとして就職する時に必須ではありませんが、資格を取得しておいた方が就職の際有利になるとこもあります。

CADオペレーターの適性

設計者の片腕となり、図面に基づいて細部にまで注意を払える人がよいでしょう。また、正確さが求められる仕事ですので、几帳面な性格の人が向いているでしょう。

CADオペレーターの職場

設計事務所、建築会社、建設会社などに属して仕事をします。